自動実行用GASのエラー発生

先日まで正常動作していた自動実行用のGAS(Google Apps Script)がエラーを出すようになってしまいました。

調べてみると、どうやらSpreadsheetの列が足らないまま削除しようとして、エラーとなっていました。

結論から言えば、プログラムが十分に例外処理をできていなかった、ということになります。

おそらく先日のGoogleのトラブルが要因ではないかと思います。その影響下でスクリプトが自動実行され、中途半端に動作してしまった結果、処理の途中で止まってしまったと考えられます。この後、列が足らないので、何度実行しても途中で止まってしまっていた、ということだです。

Googleのクラウドサービスは非常に安定動作しているので、ついつい安定動作を前提にスクリプトを書いてしまっていました。例外処理はとても重要。改めてよい教訓でした。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*