ThunderbirdでMicrosoft365に接続できなくなった(認証に失敗する)

[2022/08/02]

送信サーバー設定と保存済情報削除に関する情報を追加しました。


Thunderbirdを用いてMicrosoft365のメールサービスへIMAP接続をしていて、認証に失敗するようになってしまいました。

以前も似たトラブルがありましたが、時間経過なのか認証をやり直した(以下記載の保存済情報の削除)からか解決していました。今回はそれも効きませんでした。

いかんせん支障が大きすぎるのでいろいろ試行錯誤した結果、試しに認証形式を「OAuth2」に変更したところ、トラブルが解消しました。以下はあくまでも試行例ですので自己責任でお願いします。

OAuth2への変更は以下のような手順となります。

  1. 最初に保存済みのアカウント情報を削除しておく方が良いようです
    1. 設定→プライバシーとセキュリティ→パスワード
    2. 「保存されているパスワード」から「すべて削除」あるいは選択して削除
  2. 受信サーバー設定(今回のトラブル対処はこちら)
    1. ツール→アカウント設定→サーバー設定
    2. 認証形式を「OAuth2」にする
  3. 送信サーバー設定(今回のトラブルでは設定しなくても送信できましたが、ついでに設定すると2022/10に予告された基本認証廃止にも対応できる)
    1. ツール→アカウント設定→送信(SMTP)サーバー
    2. 編集
    3. 認証方式を「OAuth2」にする

上を行うとWebブラウザ経由でのアクセス許可を行う手順が起動します。更に上とは別にThunderbirdでの認証(パスワード入力)もやり直す形になります。いずれも自動的にブラウザ・ダイアログが起動するのでユーザーが能動的に操作することはありません。

OAuth2への移行のきっかけとなったのは、基本認証が無効化される話があったなぁと思い出したことでした。調べ直してみましたところ、マイクロソフト社の記事「Exchange Online での基本認証の廃止」をみると廃止時期は2022年10月となっていました。まだ期日でないのでこの影響ではないと思いますが、結果として行った対処はOAuth 2.0への移行という形になりました。いずれにしても対応しなければならないことだったので、ここで済ませて正解ということで。

念のため、私の手元で動作している各設定項目を書き出しておきます。

  • サーバー設定
    • サーバー名:outlook.office365.com
    • 接続の保護:SSL/TLS
    • 認証方式:OAuth2
  • 送信(SMTP)サーバー
    • サーバー名:smtp.office365.com
    • ポート:587
    • 認証方式:OAuth2
    • 接続の保護:STARTTLS

ちなみにThunderbirdはバージョンが2桁の系列と3桁の系列(記事記載時で102.1.0)で分岐しています。2桁から3桁へは自動更新されないようですので、手動でThunderbirdを再インストールすることが望ましいと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。