カテゴリー: 技術資料・メモ

slackでのメール通知アプリの作成(events apiの利用とGoogle Apps Scriptでの実装)

2017/11/28 : 第1版 2017/12/11 : 第2版:DMの場合には送信相手にのみ送付するように変更。その他、詳細な箇所を修正 この記事の内容はslackを、私のようなメール中心の生活を送っている人間が使う

タグ: , ,

magsage風type-cアダプター

半年程前に業務用ノートPCをHP Spectre x360に買い換えました。 モバイルでもそれなりの速度でR + H2Oで機械学習をしたいという目的があり、Core i7にしたいとか、MemoryやSSDも大容量にしてお

タグ:

投票機能(app)の利用(slackの使い方)

天野直紀研究室では毎年度、SNS上のグループを連絡手段に用いています。ビジネス向けのSNSは最近、その利用が増加しているので、その予行演習を兼ねています。 これまでのfacebook, yammer, google+,

タグ: ,

講義用にandroidアプリを作成・ストアへ(ついでに新言語にも挑戦)

私の担当する講義の中(再来週ぐらい)で、ちょっとしたデータを用いて体験的に理解する内容を想定しています。 こちらで用意したデータを配布してもよいのですが、それだとデータに対するリアルな感覚はどうしても希薄になります。ここ

タグ: , ,

機械学習済みモデルのスマートフォンでの利用(H2O→android)

機械学習は多量のデータと計算を必要とするので、これをPCやクラウドで済ませ、学修済みのモデルをスマートフォンで活用したいというケースがあります。 普段、よく用いているとH2O(R言語上)からjavaへのexportが可能

タグ: , ,

AIプラットフォーム「H2O Driverless AI」をWindows上で試しました

Betaプログラムへの登録をしていたH2O社の「Driverless AI」からアナウンスが届きましたので、早速試してみました。 下のような画面がリアルタイムに動くのです。格好いいですよね。 これまで、私は機械学習のプラ

タグ: , ,

とても困ったWordの不具合と対処策(セルの一部が表示されない)

最近、Word内の表のセルの一部が表示されなくなってしまいました。提出書類の一部がこれに該当していて、たいへん困りました。 検索するにもキーワードがなかなかヒットせず、対処できずにいましたが、遂に見つけました。 Word

モバイルアプリのバックエンド(Firebaseとは?)

個人的な関心がいつのまにか研究や教育にも寄与、というのはある意味でとても効率的・合理的ですが、近年の関心の一つにFirebaseがあります。 FirebaseはGoogle社の提供するmBaaSです。モバイルアプリのバッ

タグ: ,

BOTが研究室のある八王子の天気を教えてくれます(API.AIにおける独自webサービスとの連携(その2.外部サービス連携)

運用している研究室BOTに「天気」と尋ねると八王子の現在の天気を教えてくれるようにしてみました。 結論から言うと、その1で行ったようなGoogle Apps Scriptだけでは実現できなかったのでいわば中継器となるno

API.AIにおける独自webサービスとの連携(その1.メール通知)

API.AIで日本語でもトレーニング機能が機能するようになっています。天野研ではLINE/Facebook messengerでAPI.AIを利用したボットを運用しています。そこで、未知の対応できないメッセージがあったと

Top