Amazon Basicハードカメラケースのキャスター交換

備忘録として記事化しました。

講義用機材を運搬するため、Amazonベーシック ハードカメラケースを購入しました。比較的低価格で頑丈で気に入ったのですが、一つだけ、キャスターの音が大きいことが問題でした。これだと廊下を移動する際に周囲の迷惑になっているような気がします。

そこでキャスターを交換してみました。

元々ついているのは1本の長いポールの両端にキャスターがついていましたので、これを取り除きます。

次に裏面のカバーを外し、中を見てみると、当然ですが長いポールを通すための穴があいています。ここには交換用キャスターの軸はねじ頭の部分は入りません。

そこでこの部分をドリルで削り、本来は外側にするだろうネジの方をここに埋め込みました。

かなり無理矢理ですが、とりあえず静かに移動できるようになりました。

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*