モバイルアプリのバックエンド(Firebaseとは?)

個人的な関心がいつのまにか研究や教育にも寄与、というのはある意味でとても効率的・合理的ですが、近年の関心の一つにFirebaseがあります。

FirebaseはGoogle社の提供するmBaaSです。モバイルアプリのバックエンドをサービスとして提供してくれるもので、たいへん強力な多数の機能を一つにまとめて提供しています。

以降に、自分用メモがてら、Firebaseの使い方を試しながらブログにまとめようと思い、ヘッダとしてこの記事を用意しました。

現状で個人的関心は主に以下の機能にあります。

  • 認証
  • Realtime Database
  • Cloud Messaging

同一ユーザーが別のデバイスでアプリを使っている状態を想定していて、デバイス間でデータを共有するところにこれらの機能を活用したいと考えています。

また、研究・教育上もちろん実用性の観点からも、これらと消費電力の兼ね合いに注視しています。うまくいかないならば、自力で同等の機能を構築するしかないですが、それはとてもたいへんなので、なんとか工夫して消費電力を抑制できるのではないか、と期待しています。

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*