拡大鏡が起動してしまう(Windows)

ときどき、何かの弾みで拡大鏡が起動してしまい、OFFにする手間が面倒に感じることがあります。拡大鏡の機能は有益なものと思いますが、必要のないときにはいささか不満のあるところです。

いろいろと調べてみても安易に無効化はできないようです。その代わりに以下のことを知りました。

  • 拡大鏡のON:Windowsキー+「+」
  • 拡大鏡のOFF:Windowsキー+「Esc」

これで何を間違って操作したときに拡大鏡が起動してしまっているのか、起動した場合にマウス操作でなく、キー操作だけでOFFにできることが確認できました。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*