共同研究活動報告(11月1週目) -屋外での実験-

大学から許可を得て、研究室の裏山に機器の常設を開始しました。複数の計測装置と通信装置との実地での検証を進めています。

ビニール温室を裏山に設置

許可が得られてすぐ、長靴を履いて裏山に分け入りました。もう寒くなっていますが、気候の影響もあってか、まだまだ雑草が多く、虫も飛んでいます。花粉症にはなかなか過酷な環境です。今週の半ばから、今季初の花粉症の情報に悩まされていることと無関係ではないと思います。

研究室と通信・モニタリング可能な場所を選定し、雨よけのために園芸用のビニール温室を設置して、この中に実験装置を配置しました。

  • 屋外(裏山)に実験装置を常設しました
    • 大学より許可が得られたので、ビニール温室を置いて、様々な機器を設置しています
    • 主に太陽電池での給電と計測・通信による消費電力のバランスをとるためのデータ蓄積の準備が現状の目的です
    • 盗難・いたずら防止のためのカメラとセンサーも導入しています
      • カメラ以外は研究内容と同じ技術を用いています
  • 太陽電池版計測装置の検証継続中
    • 幾つか私が正しく理解できていなかったところもありましたが、おおよそ特徴は整理できたようです

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*