magsage風type-cアダプター

半年程前に業務用ノートPCをHP Spectre x360に買い換えました。

モバイルでもそれなりの速度でR + H2Oで機械学習をしたいという目的があり、Core i7にしたいとか、MemoryやSSDも大容量にしておきたいといった理由でした。

キーボードの右端が特殊な配列で、慣れると便利なことには困りました。他のPCを使うときについ、間違えてしまうのです。

さて、この機種はtype-cのコネクターで電源アダプターも接続するものです。type-cは便利でよいのですが、PC側のコネクターがねじれて、すぐに壊れそうな気がして心配です。

そこでL字型のコネクターを導入してみましたが、コネクターへの負荷は変わらないように感じました。

次にマグネットで吸着するコネクターを探しましたが、当時は適当なものが見つかりませんでした。ところが最近、やっと見つけたので導入してみました。

マグネットで吸着しているだけなので、負荷がかかれば外れます。薄型のアダプターが刺さっている状態なので、そもそもねじりの力が本体側にはかからないようになっています。これで長持ちさせることができそうで、一安心です。

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*