マイボウルが割れていた…

半年ぶりに体育館のボウリング場へ。私は本学のボウリング部顧問を担当しています。その部のOBでもあり、天野直紀研究室からの卒業生でもあるKさんの最近の活躍(これについては別の記事を予定)について、ボウリング場を管理していただいているスタッフと話をする=仕事という免罪符を用意しました。

お気に入りのマイボールの入った鞄を開けると、ひびが!

ひびの入ったボウリングのボール

このひびはボールを完全に一周しています。

もちろんこれではレーンや機械を傷つけてしまうので投げられません。やむなくハウスボール(ボウリング場に備え付けのボール)で投げました。スペアボール(2投目にレーンの端に残ったピンを狙うための曲がりにくいボール)としてなら別ですが、メインのボールとしては十数年ぶりのことではないかと思います。

ボウリングのボールは消耗品とも言われますし、買ったのもずいぶん前のことですが、まさか本当に割れるとは。結構高かったのですよ…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*