共同研究活動報告(2月4週目)–

来月に予定している沖縄県内での実地実験のため、最終的な機器選定を行いました。

これに関連して、太陽電池による通信装置の連続駆動実験を行っています。充電速度と容量との兼ね合いでバランスのよいところを探しています。消費電力を削減する努力も、改めて必要なようですので、これについて2つの方法の検証を開始しました。

発注していたプリント基板の第2弾も届きました。今度は太陽電池駆動の計測装置用です。今回は春節を挟んでいないので早いだろうとは期待していましたが、なんと注文から1週間で届きました! 専用基板があると配線の工数が減らせるので、ミスや製作時間を削減できます。特殊知識やスキルを要しないということは実用化には不可欠だと考えています。そして、なによりも格好がよいし、気分もよいですね。

この共同研究と関連した別の研究テーマについて、研究助成金の申請も行いました。採択されたら、またブログ記事にしますのでお楽しみに。

追記:
先日の沖縄での研究調査の経費処理を行いました。そのための証明資料の請求が事務局からありましたが、ブログがそのまま資料として承認された模様です。まさに一石二鳥。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*