誰もいない教室と実証用アプリ公開

写真(左)はある日の講義中の教室の様子です。誰もいません…。

al

 

実はアクティブラーニングの試みの中でのある瞬間です。スマートフォンに搭載されている気圧センサーで建物の階(フロア)の上下移動を識別できるものかどうかを実際に確認をして、その結果をプレゼンするという内容でした。

このため、学生はグループを組んで、データ計測のために教室を出て、階段やエレベーターでフロアを上下しながら気圧を計測していました。

このために、授業準備としてAndroidアプリを作ってGooglePlayで公開(写真(右))しました。ここで作成・公開した「気圧計測」は単純にスマートフォンに搭載されているセンサーで気圧を計測し、PC等でのデータ処理に利用できるように計測したデータをメールで送信するものです。データロガー的なものといえます。

むろんストアには多数の気圧を計測できるアプリがありますが、自分の要求する機能(仕様)に過不足なくぴったりなものというのはなかなかありません。プログラミングが手軽であれば、探して確認するよりも、作ってしまった方が早いです。

近年ではプログラミングを初等教育から導入するという話もありますが、私自身は半信半疑というか、場当たり的な導入には懐疑的です。とはいえ、必要に応じて軽量なアプリを作って楽に問題解決する、というのは現状ではたいへん便利で、実用的なスキルと言えます。

そういう意味で工学部的あるいは電気電子工学科的なプログラミングスキルの一つの必要性も示すことができたかな、と思います。

 

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*